【初記事】中島らも最後の小説『ロカ』

( ノ゚Д゚)こんばんわ Namuです!

今回ブログを開設させていただきました。記事は好きな本の紹介をメインに雑学やどうでもいい事まで幅広く記事にしていこうと思っています!(^^)!

初記事は中島らもさんの『ロカ』という本の紹介です!

まずこの本が他とは違う点は完結していないということです。

続編が出るってこと??

と思う方もいるかと思いますが、続編が出ることはありませんし一生この話が完結することはないのです(-_-;)

長編小説として書かれた『ロカ』でしたが、著者(中島らも)の急逝により未完に終わったのです。

主人公は巨額の印税でホテル暮らしをしている68歳の作家で、ロカという名のギターをいつも持ち歩いている不審者っぽいおじさんです笑

久しぶりに出演したトーク番組の若い女性アシスタント、たまたま入ったライブハウスの男性ミュージシャンらと出会い、今までの生活が変わっていく様子描いています。

主人公の日常を描いている本という印象を受けました。

読んでみた感想ですが、、、

まず主人公をはじめ、登場人物がすごく魅力的で引き込まれます!

ただその分「ああーこれで終わるのか…」って感じでめちゃめちゃ続きが気になりますね。でも一生続きが出ることがないという…虚しさ(-_-;)

普段小説を読み返すことはないのですが、この本はなぜか3度ほど読み返してしまいました(‘_’)

最後のといういい方が正しいかわかりませんが、この本の最後の部分が好きで毎回「おい~続きが気になる終わらせ方しないでよ~~」って思ってしまいます笑

ぜひ気になる方は読んでみてください!

読んだら続きが気になってしまいますけどね(-ω-)

では初の記事は中島らもさんの最後の小説『ロカ』について紹介させていただきました。