【美人・富裕層】美人と富裕層の結婚率が低い!?

美人なのに結婚していない人って結構いますよね。

芸能人にもそういう人多いです。「美人なのに結婚してないのか」って思ってしまいます。まあ芸能人は特殊なので何とも言えないですけど。

あなたの周りなの「この人美人なのになんでだろう?」っていう人はいませんか?

今日はその理由は何なのか考えていきたいと思います。

  • 結婚相手は見た目よりも中身が大事!

結局結婚するなら顔だけの人よりも中身や生活力を男は求めるということですね。遊び相手としてはいいかもしれませんが一緒に暮らしていくことを考えると、時間を共有して居心地がいい相手を選びます。

もちろん顔もよくて中身もいい人もいますが、美人な人はそうでない人と比べて努力を怠る傾向があります。現代社会において美人というとはそれだけでプラスですからね。顔が良ければ何とかなることも多いです。

  • 見た目と中身のギャップ

美人な人は社会において得することが正直言って多いです。恋愛に関しても同じことが言えると思います。ただ結婚となると話は別です。

可愛い人は学生時代や20代ではよく恋人ができますよね。それは結婚をまだ考えていない男たちが顔がいいからと近づいてくるが故だと思います。しかし、男の人は可愛い女性を見るとその分だけ、「中身や雰囲気といった見た目以外もいいものだろう」と思ってしまうのです。正直これは男が悪いとは思いますけど…まあお互い様ですからね笑

逆ギャップは冷める原因だったり、「なんか違うな」と感じられる要因になってしまいます。男性は、顔はそこそこだが仕草が可愛かったりなど通常のギャップにドキッとしてしまうものです。

さっきも伝えましたが、現代社会において顔がいいというだけで比較的楽に生きていくことが出来ます。顔がいい時点で勝ち組なんて言われたりもしますからね。

ただその分、人間性が良くない人になってしまうこともしばしばあるようです。可愛いと思って付き合っても、異常なまでの嫉妬や周囲の人に対する態度が横柄だったりするとせっかく綺麗な顔を持っていても、「結局は顔だけか」とその顔ですら悪く思えてしまうものです。

食事は男が払うのが当たり前だと思っていたり(払おうとする素振りもみせない)、店員に対する態度が悪かったり、最低限のマナーがなってないと男は「この人といると自分の価値も下がってしまう」と思ってしまいます。

  • 年齢に見合っていない

男性は女性が思っているよりも違和感を感じ取ってしまいます。言葉遣いだったり、服装だったり自分を客観的に見れない人は違和感があります。見た目が若ければそれだけ服装も若いものを切ればいいとは限らないものです。ちやほやされて成長してきた分わがままがひどかったり等、学生ならまだしも社会人にもなってわがまま言っても全く可愛さなんてないですからね。

若く見えるから若作りしたって、結局は「歳の割には若い」ってだけですから年相応の雰囲気を作らなくては違和感が出てしまいます。

  • 最後に

最近は情報が簡単に手に入る世の中ですから、女性の美に対する関心というのも非常に高いです。自分の顔の良さにおごって内面の努力を怠るとせっかくの魅力が無駄になってしまいます。それどころかマイナスになってしまうこともあるのです。

可愛いから大丈夫なんて結婚には通用しないです。むしろ「美人」というのはそれだけ周りからの期待がでかいということですから、より努力して内面を磨かなくてはならないのです。将来しっかり結婚したい人は客観的に自分をみて、それに見合った対応を心がけましょう。