【就職活動】苦しみから逃げたい人に。

就職活動を今も続けている方へ。

なかなか内定貰えず苦しんでいるかと思います。

特に何度も落とされると自信もなくなりますよね。自分には強みがないとか、大学時代特別何もしてないことにそこで気づく人もいるのではないでしょうか。

就職活動ってうまく行く人と行かない人で極端に分かれるので周りの言葉とか気遣いも辛いんですよね。

ただ…逃げたって良いと思います。私個人の意見ですけど。

実際自分もその1人でした、、。

細かく言うと内定は頂いてたけど、断ってしまいました。

やりたいことがないからとりあえず大学進学。

入学後も自ら何かアクションを起こすわけでもなくだらだらと中身の薄い4年間を過ごして、就活。

盛り話で自分の印象を良くして、内定をもらうために就職活動をし就職活動を終える。

1回目の就活は正直こんな感じでした。

こんな大学生はゴロゴロいます。

きっとそういう人たちが「仕事辛いつらい」言うことになるんでしょうね。働く理由とか意欲とかもっと長い目で見て将来のこと考えないとですね。

内定貰って安心はしたが、全く働きたいと思えなかったです。

就活を終え、部活も引退を迎え、卒論を書き始めました。

時間に余裕ができて思ったのが、海外を見てみたいと言う気持ちでした。

所属していたゼミの関係で英語使う機会や留学生と関わる機会が多々あったんですね。ただ殆どコミュニケーションは取れなかったです。

昔から留学に行きたいという気持ちもありました。ただ部活を言い訳に諦めていました。

悩みました…ハンパなく笑

「内定捨てて、全く違う環境に飛び込むのは正しいことなのか?」と。

悩んだ結果、内定捨てて留学行くことに決めました。

内定捨てるのを躊躇してた理由って結局外的要因が大きかったんですね。

その会社で働けなくなるのが嫌だとかじゃなくて、親に言うのが怖かったり、周りの友人とか会社に否定されるのを恐れてとか、日本人のダメなとこですね笑

特異な人や理解できない行動は叩かれる傾向のありますから…。

留学に対しては純粋な行きたいと言う気持ち、英語を学びたい、海外・海外からみた日本を見たいというプラスな気持ちでした。

それに気づいた時、内定自体には全く価値はないんだなって思いました。

自分が働く意欲や意味を持つことで、内定の価値が決まるんだと思います。

で実際に1年間で2ヶ国周りの、再度就活をしました。確か3年以内なら新卒扱いで受けることができます。

1度働いた場合は別ですけど。

2回目の就活で頂いた内定には前回とは比べ物にならないほど価値があるように感じました。

なぜそこで働きたいのか本心から言える理由がありますし、そう思える理由もしっかりありました。

いい意味で価値観が変わりました。

なので就活が本当に辛いなら逃げても良いと思います。やりたいことがあるなら就活なんて後回しにしちゃいましょう。

その期間に自分の武器を手に入れてもう一度挑戦すれば良いのです。

就活をするために偽りの自分を作って働くより、本当の自分で働くほうが就職後も楽だと思います。

それでもやはり経済的理由から続けなくてはならない人もいると思います。

ただ逃げ道はいくらでもあります、力を抜いて最悪ダメでもいいやくらいの気持ちで楽に行きましょう。