【ナルコスのスタッフがハチの巣状態!?】Netflixで人気ドラマのスタッフがロケハン中に。

ナルコスとは

f:id:cicada-srom3301:20170917183435p:plain

アメリカで製作された人気ドラマシリーズ。コロンビアでアメリカに麻薬を供給する麻薬組織とアメリカから派遣された捜査官たちの戦いを描いたものである。

日本ではネットフリックスにて2015年9月から配信が始まった。

2016年にはシーズン3、4の製作発表がなされ、2017年9月にシーズン3が配信スタートした。

スタッフが射殺される!?

『ナルコス』のスタッフがロケハン中に射殺される事件が9月11日(日本時間)発生しました。銃弾を多数撃ち込まれ、遺体はハチの巣状態で発見されたという。

殺害されたのは、カルロス・ムニョス・ポルタル氏で、かれは『ワイルドスピードMAX』『ボーダーライン』といった映画の撮影地探しにも携わっていた。

同氏はロケハンのためメキシコ中部のイダルゴ州に訪れていたところ、殺害されたとされている。しかし、殺害された状況はまだ捜査中であり、遺体だけが無残な姿で発見されたという。

メキシコの状況

メキシコの殺人事件件数は増加の一途をたどっており、その原因が麻薬密売組織や犯罪組織である。

2006年にはメキシコ政府が軍を投入し、それ以降抗争や軍との戦いによる犠牲者や行方不明者は20万人を超えている。

最後に

SNS上では、シーズン4の製作を惜しむ声や、遺体の状況が無残なことなど、ドラマ視聴者だけでなくこれから見ようと思っていた人など、多くの人がコメントを残しています。

日本はかなり安全な国なので、ここまで無残な事件というのはなかなか起きないですね。ですので、今回の事件はかなり印象に残る事件となりました。

『ナルコス』だけでなく、多くのスタッフが危険と隣り合わせでできた海外ドラマというのは、私たちが認知していないだけで意外と多いのかもしれないです…。